カイテキオリゴを赤ちゃんにも飲ませている口コミ紹介

カイテキオリゴは純度の高いオリゴ糖になっています。オリゴ糖は赤ちゃんの粉ミルクにも使われていますので、決して赤ちゃんに使えないということではありません。口コミでは使ったらよくないというような意見もみかけますが、ポイントを押さえて使えば大丈夫です。便秘によく効くオリゴ糖は大人でもよく効きます。

 

カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘に役に立つ

大人の便秘薬が合わない人にとって、カイテキオリゴはスムーズに便秘を解消できるので支持する人が多いです。大人と同じように赤ちゃんの便秘にも役立ちます。赤ちゃんを病院に連れて行くと病気をもらってくる可能性があります。小児科には保育園でウィルス性の菌をもらってきた子ども達がたくさんいます。

 

赤ちゃん 便秘

 

たとえ母乳から免疫をもらっている赤ちゃんだとしても、その菌は移ります。まだ鼻水をかむこともできず、赤ちゃんが苦しむ様子を見たくないということであれば、予防接種以外で病院にはあまり行きたくないものです。しかし、便秘を放っておくのもよくありません。便がつまっていると赤ちゃんも苦しいです。

 

まずは大人と同じようにお腹をマッサージして便が出るように促してあげます。そして綿棒を肛門を刺激します。それでもダメであればカイテキオリゴの出番です。薬で無理に出すよりもより自然に便を出すことができます。口コミでは下痢のような症状が出てしまった赤ちゃんもいるようですが、これは飲ませ過ぎです。

 

赤ちゃんは少量で十分効き目があります。大人の量が5gで表示されているので、その5分の1程度であるたった1gでも効果を期待できます。多ければ多いほどいいというわけではありません。粉ミルクの分量と同様に、規定量を守ってください。赤ちゃんが母乳を飲んでいる場合はママも摂取量に注意します。

 

赤ちゃんとママ

 

産前産後の女性は便秘になりやすいですが病院になかなか行くことができないので、オリゴ糖と食物繊維で解消します。その影響が母乳にも出てきます。わずかに含まれるだけですが、赤ちゃんの便が緩すぎると感じたら摂取量を調節してください。5gでは多いのかもしれません。

 

カイテキオリゴを赤ちゃんに使うときに注意点

赤ちゃんもママも、それぞれ個性があります。大きい赤ちゃんもいれば小さい赤ちゃんもいて、腸が長い赤ちゃんもいれば短い赤ちゃんもいます。カイテキオリゴを使う場合は自分で量を調節できるので便利だという口コミが多いです。

 

つまり、個性に合わせられるということです。効きすぎているなと思ったらすぐに量を減らしてください。

 

カイテキオリゴの口コミ紹介

オリゴ糖の質にも注目すると、カイテキオリゴの質が高いことを評価している口コミもあります。放射能の検査基準のクリア、日本サプリメント評議会からの高い評価、モンドコレクション金賞受賞、野口医学研究所からの推奨など民間から公的機関まで支持を得ています。

 

このカイテキオリゴを上手に使えば、大人だって便秘と戦う必要がなくなります。さらにつらい便秘薬を我慢して飲むということもしなくて済みます。ビフィズス菌を自然にサポートし、身体全体にいい影響を与えてくれるので自然派の人には大変好評というわけです。

 

出典:赤ちゃんでも使えるカイテキオリゴ